Tシャツ豆知識・クラスTシャツのアイデア・体育際や文化祭で一致団結

クラスTシャツは、中学や高校の校内イベント等の目標に向け、クラスの全員が力を合わせるために製作するTシャツのことです。すでにティーンエイジャーにとっては一つの文化として定着した感もあるクラスTシャツですが、なかなかクラスの中でもアイデアをまとめるのはたいへんなもの。この記事では、クラスTシャツ作りのアイデアとしておもしろいものを集めてご紹介しています。

クラスTシャツとは

クラスTシャツは、中学や高校の校内イベント等の目標に向け、クラスの全員が力を合わせるために製作するTシャツのことです。すでにティーンエイジャーにとっては一つの文化として定着した感もあるクラスTシャツですが、なかなかクラスの中でもアイデアをまとめるのはたいへんなもの。やはりTシャツのプリントショップと相談しながら決めるのが、一番手っ取り早いのです。Tシャツのプリントショップでは、もちろんオリジナルデザインのプリントも可能ですが、ショップのデザインテンプレートを使うのもオススメ。人気のパロディデザインもテンプレートを使えばかんたんに作れます。

クラスTシャツのアイデア

クラスTシャツの目的はクラス全員が一致団結すること。そのために大切な要素は何でしょうか?それはスローガンだったり、クラスを象徴する何かだったり、さまざまなものが考えられますが、多くの人がクラスTシャツに望んでいるのは「おもしろさ」でしょう。楽しくなければクラスは団結できません。クラスTシャツで長年にわたって人気のジャンルは「パロディ」です。ここからは、クラスTシャツの参考になるパロディTシャツのアイデアを紹介していきます。

クラスTシャツ・アディダス風

クラスTシャツの定番的として、有名ブランドのロゴやキャラクター的なデザインを取り入れるというアイデアがあります。中でも中高生に人気があるのはスポーツ系のブランド。アディダスはそんな彼らの中では外せない存在なのです。ただ、当然のことですがアディダスのロゴ、文字などを使うことはできません。アディダスのロゴ、アディダスのブランド感を、ロゴなどを拝借せずに「パロディ」として取り入れなければならないのです。このように、ブランドのパロディはかんたんではありません。しかも、下手をすればブランドの権利を侵害する可能性もあります。ブランドパロディは、Tシャツプリントショップにあるテンプレートを利用することをオススメします。アディダスのパロディは、多くのプリントショップが扱っています。

クラスTシャツ・ウォーリー風

赤と白の横縞でおなじみのキャラクター「ウォーリー」。ウォーリーもクラスTシャツのネタとして高い人気を誇っています。ただ、ウォーリーはキャラクターなので、そのままのウォーリーをTシャツにプリントするわけにはいきません。トレードマークの赤白のボーダーTシャツをボディに採用して、コメントや背ネームでウケを狙ってみてはいかがでしょうか?ただ、ウォーリー的なボーダーTシャツはなかなか見つけにくいかもしれません。

クラスTシャツ・エムアンドエムズ風

お菓子のキャラクター風のデザインでクラスTシャツを作るアイデアです。一部のTシャツプリントショップでは、完全にこのアイデアを使ったテンプレートを提供しているので、そのテンプレを使えばかんたんに作れます。男子でも女子でも似合うキュートなデザインはクラスTシャツにぴったりです。校内イベント用に着る程度なら問題ないでしょう。

クラスTシャツ・クッキーモンスター風

セサミストリートに登場する人気キャラクター「クッキーモンスター」風のデザインもティーンエイジャーが喜ぶデザインの一つです。エムアンドエムズのデザイン同様、一部のTシャツプリントショップでは、テンプレートとしてこのクッキーモンスター風のでデザインを提供しています。レトロ感もあるキャラクター風Tシャツは、センスの点でも、おもしろさの点でも、他のクラスに差をつけられるアイデアです。

クラスTシャツ・コカコーラ風

コカコーラのロゴ風デザインのクラスTシャツは、これまでも人気の高いデザインでしたが、その人気は現在も変わりません。もちろん、ロゴをそのまま使うわけにはいきませんが、比較的雰囲気は出しやすいデザインなので、ショップに頼らなくても自分たちである程度デザインできるかもしれません。フォントを使うだけでも十分にそれっぽいデザインになります。手軽に仕上げるならプリントショップのテンプレートを使ってもOK。コカコーラ風デザインは多くのショップがテンプレートを提供しています。

クラスTシャツ・コンバース風

カジュアルブランド「コンバース」は老若男女、幅広い人気を誇るブランドですから、やはりクラスTシャツのネタとしても人気があるようです。ただ、アディダス同様、こちらも有名ブランドですので、間違ってもロゴをそのまま使うわけにはいきません。コンバースっぽい何かを考える必要があります。コンバースと言えばスニーカーですから、スニーカーをデザインに取り入れるのも手ですが、ちょっとネタ的にコンバースは難易度が高いかもしれません。

クラスTシャツ・サッカー

近年、爆発的に人気上昇中なのが、クラスTシャツボディにサッカーユニフォームを採用すること。特にヨーロッパのビッグクラブのユニフォームが人気です。Tシャツプリントショップにより異なりますが、レプリカユニフォームを使う場合と、スポンサーロゴ等が入っていない模様だけのベーシックなユニフォームを使う場合があるようです。近年はサッカーユニフォームだけではなく、野球のユニフォームの人気も急上昇中。ユニフォーム系クラスTシャツは背番号と背ネームを入れられることが魅力です。男子だけでなく女子もかわいく着こなせるサッカーユニのクラTは、今後しばらくは人気が続くことでしょう。

クラスTシャツ・スタバ風

世界的コーヒーチェーン「スタバ」風のクラスTシャツも安定した人気を誇っています。スタバ風のクラスTシャツは、ロゴの雰囲気を利用するのがすでに定番になっているようです。多くのプリントショップがテンプレートを提供しているので利用してみましょう。

クラスTシャツ・チュッパチャプス風

キュートでポップなキャンディ「チュッパチャプス」風のクラスTシャツも人気です。チュッパチャプス風デザインも、スタバ風同様にロゴの雰囲気をいかに再現できるかがポイントになりますが、こちらも多くのプリントショップがテンプレートを扱っているので利用するといいでしょう。

クラスTシャツ・著作権について

ここまでクラスTシャツのパロディアイデアをご紹介してきましたが、今一度、著作権について触れておきたいと思います。Tシャツのデザインでは、いかなる理由があっても、他者が権利を持つブランドロゴやキャラクターなどを勝手に使用することはできません。また、ロゴやキャラクターそのものを使わなくても、明らかにそれを改変したと考えられるデザインでも権利の侵害となる場合があります。クラスTシャツのデザインについては、暗黙の了解的なグレーゾーンがあることも確かですが、特にパロディTシャツについては権利の侵害になる可能性があることを留意してください。ショップが提供しているテンプレートをオススメしていますが、そこには権利の侵害を避ける意味もあります。